PCR検査の信頼性

PCR検査の開発者は、ノーベル化学賞受賞者キャリー・マリス博士ですが、この検査は犯罪捜査や出生前遺伝子診断などに使用されています。かれは生前、この検査を感染症の診断には使ってはならないと、度々講演で警告していました。

使い方によっては誰でも犯人に出来るからと言っています。

そして、彼は新型コロナウイルス感染症が拡散する直前の2019年8月7日に自宅にて肺炎で変死しています。

PCR検査は正解率70%しかないのは周知の事実です。しかも、米国産新型コロナウイルス検査キットには正直にも

『この検査ではインフルエンザやマイコプラズマ肺炎にも陽性が出る場合があります』と記入されています。

本当にコロナウイルスは恐ろしい病なのでしょうか?

その裏の陰謀の方が怖いですね。

 

お問い合わせ・ご予約

お気軽にお問い合わせください。

原則的に、予約制となります。
お電話かご予約フォームにて施術日時を確定されてからご来院ください。

毎日 12:00~22:00
(不定にてお休みする場合もございます)

戎整体施術院

前の記事

菅総理ワクチン接種